320

(映画のネタ、ばらさないのでご安心を)

ブログを書くことに慣れてなさすぎて、結局更新が2ヶ月に一回というひどい結果を招いています。お元気でしょうか。

最近はNetflixやiTunesなどお家で気軽に映画が見られるようになったので、パジャマでおかし食べながら映画を見るばかりで映画館になかなか足を運ばないでいましたが、今日久しぶりに見に行ってきました。

結構最近の事故なので覚えている方も多いかと思いますが、2009年に起こったハドソン川にUSエアウェイズが不時着した時のことを当時のキャプテンの目線から描いた映画です。トム・ハンクス主演で、クリント・イーストウッド監督ですね。間違えない感じがプンプン

あまりこの事故について知らなかったので、初めて知ることのようにハラハラしながら見ることができました。クリント・イーストウッド特有の重さがそんなになくて、他の彼の映画と比べるとややライトに思感じました。飛行機の映画といえば、デンゼル・ワシントンの「フライト」というのも無茶な飛行で多くの人を救ったヒーローだったけど実はアル中のヤク中だったお話、めちゃめちゃ面白いです。飛行機の事故を起こすと、どんなに見事に人命を救ってヒーローと呼ばれるフライトをしても一応聴問会が開かれて、本当に不時着しかできなかったのか、他の方法はなかったのかという調査がされるんですね。

ネタバレではないと思うんですが、「スキューバ・コップ」と呼ばれるスキューバ専門の警察がちょろっと出ます。ものすごいフットワークで準備して、ヘリコプターからタンク背負ったまま川へ飛び降りるという荒技がほんの数秒描かれていました。スキューバをやったことがある人ならそれがいかにすごいことなのかわかると思います。船から背中向けてゴロンと海に入るだけでも怖いのに、ヘリから飛び降りてましたからね。そこに1番グッと来ました


リョウコ独断評価★★★☆☆