poster2

(映画のネタ、ばらさないのでご安心を。)

私は金融のことは全くわからない上に、興味もないので理解しようとも思わない逃げの姿勢なんですが、これはキャストがおもしろいので少し勉強してから見てみました。マネーショートは、みなさんご存知「リーマンショック」がどう起こったかという映画なので、結末はわかっているのでネタバレがないです。勉強して状況をわかってないとついていけないので、知識を持って見た方がわかります。

まずは、リーマンショックから。リーマンショックはサブプライムローンが原因となって2008年に起こった金融破綻。上に書いた通り、私は全く金融のことがわかりません。円高円安もどっちがどうなのか、混乱するくらいです。なので、そんな私が
さらっと理解した範囲で説明すると、こんな感じ。
  • サブプライムローンというのは、お金がない人でも全然審査なしでローンが組めちゃう高金利の住宅ローン。
  • 2006年から2007年当時住宅バブルだったので、そりゃお金がない人でもマイホームが手にはいるなら、どんどん家のローンを組んで買う。
  • アメリカはローンを払い切らなくても途中で売ることができるので、ローンを払えなくなったら地価もどんどん上がってるし、売っちゃえばお金になる。
  • 銀行はそのローンを高金利と家を担保にした債権としてバンバン投資家に売っていた。
  • ところが、もちろん金利が高いからすぐみんな払えなくなって、売りに出る家がいっぱいになる。
  • そんなのがあふれて地価が下がって、家も売れなくなって、お金が払えなくなって、債権もパー。

それでそのローンを組ませて債権を売っていた投資銀行がどんどんダメになって、大手のリーマンブラザーズっていう投資銀行が潰れてしまって起こったのがリーマンショク!説明、長かった!これでサブプライムからのリーマンショックの話終わり!ものすごいたくさんの人がお金も家も失った大恐慌だったのに、これを予想していた人が巨額のお金を得ることになったんです。それがこの映画のお話。

絶対的なものが数年後になくなるよ、って誰かが言っても「バカじゃない?」ってなりますよね。
 それを誰も信じていない時に予測していた4人が、どうやってサブプライムローンの破綻を予想して巨額の富を手に入れることになったかが描かれています。

実はこの映画シリアスな金融系の話ではなく、完全にコメディーでちょこちょこ笑わせてきます。私が腹がよじれるほど笑った映画「ステップブラザーズ」のアダム・マッケイが監督。金融の人ってすごい怒鳴ってるイメージがあるんですが、その通りで映画の中で「怒鳴りすぎて背中がつった」って言ってるトレーダーが、私の一番ツボでした。


リョウコ独断評価:★★☆☆☆