アメリカのこと

IMG_7104

正直に言いましょう。クッソ大変です


いやー、昨晩は雪が降って寒かったのに夜中の12時すぎにアパートの火災報知器がなって、全員避難という災難に見舞われました。ここで一句。「風呂上がり 雪空に放り出され 湯冷めする」あれ、字余り。まぁいいです。とにかく寒くなりました。みなさん、風邪ひかないようにね。


さて本題。色々調べて色々問い合わせして、本当に大変だったのでこれからアメリカから日本へ猫を連れて帰る人のために手順を書き残しておきたいと思います。(これ、犬もたぶんほとんど一緒です)

まず、1番大切なことは 手続き開始から帰国日まで最低8ヶ月かかるということです!


① マイクロチップ
こちら日本で読み取り可能なものじゃなきゃいけません。昔から飼っている猫の場合、まずこれのチェックから。国際標準規格(ISO)11784か11785っていう15桁のじゃなきゃいけないんです。私の猫はシェルターから引き取ってきた老猫だったので、もうISOのじゃないAvid社のマイクロチップ入ってました。まさか入れ直しかと。Avid社でどんなリーダーで読めるのか、と成田空港がAvid社のも読み取れるリーダーを持っているのかを問い合わせて、合致。ステップ1クリアです。成田空港はいくつかISOじゃないチップも読めるリーダーを持っているので、確認してください。ちなみに私はアメリカの空港でマイクロチップの情報の紙を見せろと言われましたので、これもちゃんと用意しておいた方がいいです。


② 狂犬病ワクチン第1回目
毎年しっかり打っている人はここはクリアです。打ってなかった人はここからスタート。ワクチンもですね、「不活性化ワクチン(Inactivated / Killed virus)」か「組み換え型(Recombinant / Modified)」じゃないとこれ、アウトです。Liveワクチンだとダメ。もしこの2つじゃないのを打っていたら一回目からやり直しです。
あ、あと大事なのが、このワクチンを打つ獣医さんはAPHISからの資格を持ってる先生じゃないといけません。Certificateもらってください。日にち、ワクチン名、先生のサイン入りで。これ打ってもらう前に確認してください。


③ 狂犬病ワクチン第2回目
第1回目から30日経ってから2回目を打てます。種類などは、上と同じです。私の場合は、このワクチンが帰国前に切れてしまったため、まだ2回目が有効なうちに3回目を打ちました。はぁ。


④ 狂犬病抗体検査の採血(2回目のワクチンと同じ日でもOK!)
はい、これがクセ者です。まず日本の農林水産大臣が指定する検査施設で受けなきゃいけません。アメリカではカンザス州立大学かテキサスの米陸軍施設しかないです。カンザス行くの?テキサス行くの?と思いましたが、ご安心を。獣医さんがカンザスへ血液サンプルを送ってくれます。これは、ちゃんと獣医さんと確認してくださいね。この血液検査、だいたい400ドルくらいしました。ひょえ〜。

さぁ、ここから180日待たなきゃいけません。半年です。もしこの期間中に日本に帰っちゃうと空港で180日が終わるまで猫ちゃんは足止めで、毎日3000円かなんかの滞在料払わなきゃいけません。成田に毎日会いにいけないでしょ〜。この180日は大事です。

血液検査の結果は抗体価が0.5IU/ml以上でないといけません。


⑤ 空港へ「輸入の届出書」を提出(⑥も同時進行!)
これもクセ者!到着の40日前までに提出しなきゃいけないのです。もちろん180日経過後です。それに合わせて飛行機のチケットを取らなきゃけません。空港に提出する届出書に予約済みのチケットの到着日と便名を書かなきゃいけないからです。(⑥に詳細)これを提出すると、空港から許可書と受理番号が送られてきます。この番号をこれから準備していく必要書類に書き込んでいきます。私の場合は、成田空港の動物検疫の方々がとっても親切でこれまでの書類を全部メールで送ってくれたらちゃんとチェックすると言ってくれて見てくれました。


⑥ 航空会社に連絡
⑤と同時に飛行機の手配。飛行機には動物を載せられる数が決まっているので、まず動物のスペースを確保しなくてはいけません。私は心配だったので日本の飛行機がいいなと思ってANAにしました。ANAは3匹まで載せられるそうです。当日は私の猫だけだったみたいです。国際線は悲しいことに貨物スペースの動物専用の場所に行ってしまいます。客室と同じように温度コントロールされているそうですが、どんなところなのか全くわかんないので、なんだか気の毒で、私は飛行機に乗っている間一睡もできませんでした。

⑦ 書類Form Aを書く
ここまででForm Aを埋めることができます。受理番号、マイクロチップ情報、ワクチンの情報と血液検査の数字などを書き込みます。これも事前に送ると、成田空港がチェックしてくれますよ。

これまで集めた書類は......
- マイクロチップ情報
- 全てのワクチンのCertificate(獣医さんのサイン入り)
- 狂犬病抗体検査の結果表(これ大事)
- 受理番号と許可書
- Form A(自分で埋めていいです)
次ココ!
- Form Cと健康診断Certificate



⑧ 帰国直前健康診断
推奨されているのは出国の2、3日前までって書いてありますが、これは無理です。このあと⑨もありますから。成田空港に聞いたら10日前まで大丈夫と言われました。最後に獣医さんに行って健康診断をして獣医さんにForm Cを書いてもらいます。これで獣医さんとの8ヶ月に及ぶ関係は終わりです。最後にマイクロチップがズレてないか、最後に読み取ってもらいましょう。


⑨ 輸出国政府機関の裏書き証明(Endorsement)をもらいに行く
IMG_7331

これまで揃えた書類に裏書きをもらいにいくんですが、これですよ。最後の難関。この政府機関てのは州都にあるんです。州都って結構遠いでしょ。ワシントン州はシアトルではなくてオリンピア。車で2時間です。面倒臭い。例えばカルフォルニア州なんて、サクラメントです。ロスに住んでたらもう飛行機でしかいけません。そういう場合は郵送も可です。でも健康診断を出発の10日前に終わらせて、書類をすべて郵送して、裏書きされたのを郵送でまた送ってもらわなきゃいけません。ギリッギリで震えますよね。私は怖かったので大雨の中運転して行きました。裏書き自体はちゃんと書類が揃っていれば5分くらいで終わります。
IMG_7347
(こうしてオバマさんの顔を見られるのもあと少し。)

終わり!これをまた一切合切成田空港にメールで送って確認してもらって、オッケーでした。そしていよいよ当日ですが、ストレスで私がゲロ吐きそうでした。たくさんの人でごった返す空港で猫をケージから出して抱っこしなきゃいけなかったのは勘弁してほしかったです。手荷物検査の前でもう猫とはサヨウナラです。成田まで会えません。

IMG_7430
(飛行機はポップだったのに、私はゲロりそうなほど心配していました。)

成田までは一睡もできませんでした。この飛行機のどこかで10時間以上おびえているのかなって思ったらかわいそうで、わたしの都合でアメリカ生まれアメリカ育ちのおばあさん猫をこんな長旅させてしまったという罪悪感は半端なかったです。

でも成田で再会した我が猫は意外と元気でキョロキョロしてました。私を見て安心してたようです。成田の獣医さんに書類をチェックしてもらって、体のチェックをして、入国オッケーでました。ホッ。



動物と日本に帰るのは本当本当に長いプロセスで、飛行機は生き地獄のような気持ちです。同じ工程と気持ちを経験した者として、何かご質問ありましたら何でもわかる範囲で答えますので、いつでもご連絡ください。がんばって!


以上。書いてても疲れた。

jb

(たぶん日本で放送されないので、あっさりとネタバレ書いてます。)



歯ぎしりがひどくて奥歯を2本割ってしまいました。ご機嫌いかがでしょうか。

さて、私がまだティーンだったころに起こった美少女ジョンベネちゃん殺害事件。迷宮入りしてもう20年。両親が犯人だとか、タイにいたキモい幼児愛好者が「やったのオレ」と急に名乗りでたり(デマ)、いろいろありましたが結局は未解決のまま

こっそりいつもジョンベネ事件を気にしていた私は、奇しくもジョンベネ一家の住むボルダーという町にあるコロラド大学大学院に進学!(ボルダーに住んでしばらくしてから、思い出したんですけどね。)閑静な高級住宅街にあの事件以来誰も買い手がいないまま、今も不気味にたたずんでいます。めっちゃ豪邸です。

それはさておき、先週再検証したドキュメンタリーが出ました。最後は犯人を結構強く断定しています。そう、当時まだ10歳だったジョンベネ兄が意図的ではなく兄弟ゲンカから死なせてしまい、両親がそれを必死に隠そうとした結果があの謎がいっぱいの事件だった、という検証結果でした。たしかにつじつまが合うわ、と思うこともたくさんありましたが、あんなにはっきり兄ちゃんだろって言って大丈夫なのか心配するほど強い断定でした。でもなんか妙にすごく納得させられてしまいました。視聴者をそう思わせる流れで作られてはいるんでしょうけどね。

ドキュメンタリーが世に出た後、ジョンベネ兄は事件後20年経って初めてメディアに出てきます。兄はめっちゃニヤニヤしながら「僕じゃないよ。たぶん幼児愛好者がやったんだと思う」とインタビューに答えてました。ニヤニヤすな!あやしいだろうが

もう迷宮入りなんでしょうけど、いつも死人に口無しで悪い奴が逃げられているのはフェアじゃないなぁって思います。「きらきらひかる」のみなさんにジョンベネ検証してもらいたいもんです。





 

seattle


夏ですね。私は、夏なのに相変わらず靴下2枚履きで寝る究極の冷え性です。

夏になると日本から遊びに来てくれる人が多くなります。そして客人たちがみな驚くことが一つ。


「太陽が沈まない。」


そうなんです。シアトルの夏は日が長いのです。朝5時半に日が昇り、日が沈むのは夜9時半ごろ。完全に暗くなるのは10時過ぎといったところです。夕ご飯を食べる時間がまぁ遅くなる。シアトルの夏は清々しくて、ひんやり、汗をかかない程度のちょうどいい日差しなんですが、いかんせん寝るのが遅くなるのです。でもそんなプチ・白夜が終わると長く暗い冬がすぐやってきます。基本、シアトルの秋は瞬きするほど早く過ぎ去ります。


春はあけぼの、冬はつとめて・・・ではなく「暗黒」。明るくなるのは朝9時過ぎ、暗くなるのは夕方4時前。雨が毎日のように降るので、ほとんど暗いです。たまに晴れると目が痛くなります。冬が終わる頃にはバンパイヤ映画「トライライト」のエドワードばりの白い肌に。

ed1
(あ、この映画の舞台はワシントン州、シアトル郊外)




夏は最高なのでシアトル行きたいなと考えてる方は、ぜひ夏にお越しください。





 

visa

私はアメリカ人と結婚してグリーンカードをもらったという道を歩んできていないので、アメリカ在住中はずっとビザに悩まされているという感じがあります。一度取ると楽なんですが、状況が変わると全部やり直しという憎きビザ。私が今まで取ってきたビザとその簡単な概要を書いてみようと思います。特に今持っているOビザというのは大変特殊で苦労しました。

まず、日本人がアメリカに観光以外で長く滞在したい場合、ビザを取る必要があります。ビザというのは、基本的に身元を保証してくれるスポンサーというのが必要不可欠です。グリーンカードだって、アメリカ人の配偶者がスポンサーとなって取れるわけです。ビザはとにかくスポンサーありきです。


学生ビザ(F-1) 
言わずと知れた学生ビザですね。留学先の学校がスポンサーとなって出るビザです。学校が決まって手続きさえできれば、いつでも申請できます。フルタイムで学生をします、学校終わったらちゃんと日本帰ります、など色んな約束事があります。基本的に労働が禁止です。フルタイムの学生としてアメリカに来たんだから勉強だけね、というビザです。でもちゃんとした手続きをして、許可をもらうと学校内であれば働いてお金を稼ぐことができます。あとは学士以上の学位が終わると、プラクティカル・トレーニング(OPT)というシステムがあり、学生ビザのまま就労許可を得て1年間だけ仕事ができちゃいます。

私は大学院時代は大学で講師として、学部の日本語のクラスを教えていました。それでお給料をもらっていました。そのあとはOPTで他の大学でも日本語を教えたり、Googleでもバイトしてました。OPTは、「学生ビザで留学生として(高い学費払って)がんばって卒業したんだから、自由にしてごらん!」と移民局に言われているような、そんなご褒美的な制度だと私は思っています。


専門職ビザ(H1b)
これが労働ビザです。会社がスポンサーとなって出るビザです。新規で3年出て、そのあとは延長して最大6年間有効なビザです。でも面倒臭すぎるのが、このビザ毎年4月にしか申請できません。そしてビザが降りて実際働き始められるのは10月から。仕事が決まっても働くまでにエラく待つことになります。そして専門職という名前だけあって、このビザが下りるのは学位と仕事内容がガッチリ合っている場合です。例えば、大学で経営学を勉強して、ゲットした仕事がデザイナーではかなり難しいです。というわけで、技術系(プログラマーなど)で大きな会社であればすんなり出るようなビザです。


卓越能力者ビザ(O-1)
俗に言う「アーティストビザ」で、現在私が持っているビザがこちらです。卓越能力なんて仰々しいのですが、2015年に本を出版したことと、コーヒーのサイトが多くのメディアに取り上げられてきたことでゲットできました。と言っても書類を集めたりで、申請準備からビザが下りるまでかかった時間は半年。長い旅でした。

もともとこのビザは「科学、芸術、教育、ビジネス、スポーツの分野で卓越した能力を持っている人。映画やテレビにおいて卓越した業績を上げた人」という敷居の高いもので、カナダ人のジャスティン・ビーバーとかハリーポッターのイギリス人、ダニエル・ラドクリスくんとか、そういう人が持っているビザと聞いています。

たまたま私の周りにすごい日本人の友達がいて、一人はアメリカで活躍する書家。もう一人はアインシュタインと同じ大学へ行った科学者。彼女たちがO-1を持っていたことで、今まで聞いたこともなかったO-1ビザを私に勧めてくれて、申請の仕方を色々教えてくれました。

O-1の決め手は「いかに自分が有名か」を証明することです。こんなメディアに出たとか論文がこんな有名なジャーナルで取りあえげられたとか。すごく恥ずかしくなりますが、とにかく自分が載ってるメディア情報を集めまくります。あとは、推薦状。これがとっても大事です。自分と同じ業界ですでに活躍している有名な人や有名な団体にもらうとポイントアップ!

もう一つ、こちらは例えば私の友達のように、ある製薬会社の科学者として働く場合は、製薬会社がスポンサーとなり、その製薬会社のみで働くことになります。そして、私や書家の友達のようにフリーランスでいろんな仕事を自分で受けてやっていく場合は、エージェントがついてくれれば、誰を通すことなく自分で仕事できます。誰とどこで仕事しようが自由です。


みなさん、ビザの面倒くささは私もよーくわかります。もういいわっ!って何回もなりました。でも一回取っちゃうと楽なんです。何かご質問があれば、いつでもお答えします!

seattle



シアトルには2009年に赴任してきてから、住み始めました。去年は一年間ITの中心地、サンフランシスコに住んでいましたが、結局シアトルにまた戻ってきています。

ロサンゼルスにはディズニーランドあり、ハリウッドありで、はたまたニューヨークにはタイムズスクエアやらセントラルパークなど、まぁ挙げれば挙げきれないほど浮かんでくる観光スポットがあります。でも私の住むシアトルは、「うーん」といつも考え込んでしまう上に、挙げたらやや尻すぼみな感じで終わっていくというのが例です。

サンフランシスコからシアトルに帰ると決めた時、友達に「シアトルの何がいいわけ?」と詰められ、何も思いつかなかった私は横にいたシアトル生まれ・育ちの友達に「アンタ、言ってやんなよ!」と振ったところ、彼は

み、み、湖」と答えました。

まぁ・・・弱いですね。湖。もちろんサンフランシスコ人たちは憮然としたままでした。

じゃどうして、私は雨が多くてどんよりした特になんの観光目玉もないシアトルにまた戻ってきて、住んでしまうのか。

それはたぶん、特に何にもないからかなぁと思います。この田舎っぷりがちょうどよくて、でも美味しいレストランはたくさんあって、でもたくさんすぎないから、これが食べたい時はココとココとココってすぐにわかる、この把握した感。知り尽くした感。これですかね。走りたいならここ行け、日本食ならあそこ、映画ならそこ、コーヒーならあそことホイホイ出てくるんですよね。名古屋育ちの私には、そのコンパクト感があっているんだと思います

「湖」の彼を擁護するのであれば、シアトルは本当に自然がいっぱい。ちょっと行けば海。ちょっと行けば湖。ちょっと行けば国立公園級の大きな森や山。これ、全部シアトル市内の話です。コンパクトな中に自然まであるっていう、この感じが好きなんだと思います。

私が初めて越してきた日の夜、シアトルの人に「こんなに雨降るのになんでいいの?」って聞いたことがあります。すると「暗黒の時期があるからこそ、その分夏に感謝して、超エンジョイできるから」って言っていました。かれこれ5年近く住んでいますが、やっとその気持ちをわかってきたところです。

 

↑このページのトップヘ