映画のこと

lala

(ネタバレなしなので、ご安心を)


アカデミー賞直前に滑り込みセーフでLa La Land見て来ました。 アメリカではもう去年からやっていたのに、日本に来るの遅いよプンプンです。私はミュージカルの映画がとても苦手で、どうしてもニヤついてしまうというか、そんなに突然歌われたらこっちだって真剣に見られないよぉという気持ちがあるのですが、La La Landは私の近年でナンバーワンに好きだった「セッション(Whiplash)」の監督の作品だということで、苦手だろうが見に行ってやろう!と思い行って来ましたが……とってもよかった!

心が明るくなるような色使いと現代の話なのになんだかちょっと60年代っぽい感じ、チャーミングでありながらも哀愁も漂うストーリーでした。ロサンゼルスに住んでいる人なんか、もう嬉しくなっちゃうんじゃないかなって思うほどロサンゼルスを見せてくれていました。そして俳優や女優の卵でいっぱいのロサンゼルスなので、ショービズの世界にいる人はすごく親近感が持てたんじゃないでしょうか。

何よりも私が膝を打ったことは、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのすばらしいこと!ミュージカル俳優じゃないのに、踊りも歌もそしてピアノもすっごくがんばった。もうそこに感動しました。たくさん練習したんだろうなとか、そんなことを思いながら見ていました。ぜひ、ぜひ、賞を取ってもらいたいと思っています。


夢を叶えるにはやりたくないこともやらなきゃいけない時もあるし、何かを捨てたり諦めたりしなきゃいけないこともある。その時、何を選ぶのが正しくて、何を決断するのが間違っているのかわからなくても、選んだ道が正しい道となるんだと思わされた映画でした。


リョウコ独断評価:★★★★★(オススメ!)
 

136446_01

(バラすネタがない映画なので、あらすじちょっと話します。)



まず映像が美しい!そしてなんだか気だるい!薄暗い感じや雨の降る静かな情景が言葉なしで語りかけてくるような映画です。

お隣どうしに同時期に引っ越して来た2つのカップル。チャイナドレスが美しすぎるマギー・チャンは、旦那が海外出張ばかりでいつも一人な奥さん。隣に住むオバマ大統領(前大統領ですね。さみしいな、こう書くのも!)にそっくりなトニー・レオンも奥さんが夜のシフトの仕事ばっかりで夜は家で一人という旦那さん。そしてなんと、いつもぼっちだった二人はひょんなことからお互いの旦那・妻が不倫をしていることに気づきます。さぁどうするよ?という話です。ちなみにマギーさんが「チャンさん」、トニーさんが「チャウさん」あー、紛らわしい!


ハリウッド的なドンドンバーン!みたいな黒白はっきりみたいな映画が好きな人にはとってもじれったい映画だと思いますが、私はとても情緒があって、曖昧でありながらもしっかり自分で解釈を持てる素晴らしい映画だったと思います。そしてトニー・オバマ・レオンが切ない顔で見るから、もう。マギー・チャンが美しすぎるから、もう。


日本ではこの映画流行ったんでしょうか?やっぱりアメリカと日本に住んでいるとどうしてもハリウッド映画ばかり観てしまうので、こういう外国映画に気が向いていなかったというちょっと残念な自分を発見することになりました。なんだか私はアメリカに縛られていすぎたのかもって思う今日この頃です。
 

最後に「花様年華」は、「花のように美しい時間」と 言う意味だそうですが、映画を観終わった後にその意味を知ると、じんわりとくるものがありました。


リョウコ独断評価:★ ★ ★ ★ ★ (満点!)

a07ade69d5b68e0c

(ネタバレありませんので、ご安心を)


前回のブログエントリーからまさかの2ヶ月。ブログを毎日書くみなさんは本当にすごいです。寒くなってきましたが、お変わりありませんでしょうか。


さて、原題は「Allied」というブラピさんの最新映画を見て来ました。邦題を調べたら「マリアンヌ」だそうで、公開は来年2月ということでまだまだ先ですね。ブラピ主演で、相手役は普通にしているだけでも観るものは心を奪われるフランス人女優のマリオン・コティヤール。 男の人で嫌いな人はいないんではないでしょうか。そしてブラピもそのうちの一人だったんだろうと私は思っています。

なにせこの映画はMr. & Mrsスミスの昔版みたいな感じで、ストーリーは真剣だけれどもストーリーラインは同じ。そしてブラピはセクシーシーンはずっとこれまでしてこなかったのに、ここに来てこのタイミングで観るものの心を奪うマリオンさんとセクシーシーンがあります。アンジーとの離婚報道が出たときにマリオンさんは私と彼は関係ない!と言っていましたが私も関係はないと思います。ただブラピが気の強いアンジーにクタクタになっているときに、柔らかでやさしいマリオンに心を癒されていたんではと思います。映画中もブラピさんは私生活がにじみ出ているんじゃないかというほどクタクタの顔です。どうしたブラピよ!状態です。

というわけで、なんだか評価のいい映画だったんですが私的にはひどい映画でした。ストーリーも陳腐、映像も微妙、低予算映画のようでした。なんでブラピだったのかな?と思ったけど、そりゃやっぱりブラピがマリオンと共演したくてこんな映画でも出たんだろうなと結論づけました。

リョウコ独断評価:★☆ ☆ ☆ ☆ 

jb

(たぶん日本で放送されないので、あっさりとネタバレ書いてます。)



歯ぎしりがひどくて奥歯を2本割ってしまいました。ご機嫌いかがでしょうか。

さて、私がまだティーンだったころに起こった美少女ジョンベネちゃん殺害事件。迷宮入りしてもう20年。両親が犯人だとか、タイにいたキモい幼児愛好者が「やったのオレ」と急に名乗りでたり(デマ)、いろいろありましたが結局は未解決のまま

こっそりいつもジョンベネ事件を気にしていた私は、奇しくもジョンベネ一家の住むボルダーという町にあるコロラド大学大学院に進学!(ボルダーに住んでしばらくしてから、思い出したんですけどね。)閑静な高級住宅街にあの事件以来誰も買い手がいないまま、今も不気味にたたずんでいます。めっちゃ豪邸です。

それはさておき、先週再検証したドキュメンタリーが出ました。最後は犯人を結構強く断定しています。そう、当時まだ10歳だったジョンベネ兄が意図的ではなく兄弟ゲンカから死なせてしまい、両親がそれを必死に隠そうとした結果があの謎がいっぱいの事件だった、という検証結果でした。たしかにつじつまが合うわ、と思うこともたくさんありましたが、あんなにはっきり兄ちゃんだろって言って大丈夫なのか心配するほど強い断定でした。でもなんか妙にすごく納得させられてしまいました。視聴者をそう思わせる流れで作られてはいるんでしょうけどね。

ドキュメンタリーが世に出た後、ジョンベネ兄は事件後20年経って初めてメディアに出てきます。兄はめっちゃニヤニヤしながら「僕じゃないよ。たぶん幼児愛好者がやったんだと思う」とインタビューに答えてました。ニヤニヤすな!あやしいだろうが

もう迷宮入りなんでしょうけど、いつも死人に口無しで悪い奴が逃げられているのはフェアじゃないなぁって思います。「きらきらひかる」のみなさんにジョンベネ検証してもらいたいもんです。





 

320

(映画のネタ、ばらさないのでご安心を)

ブログを書くことに慣れてなさすぎて、結局更新が2ヶ月に一回というひどい結果を招いています。お元気でしょうか。

最近はNetflixやiTunesなどお家で気軽に映画が見られるようになったので、パジャマでおかし食べながら映画を見るばかりで映画館になかなか足を運ばないでいましたが、今日久しぶりに見に行ってきました。

結構最近の事故なので覚えている方も多いかと思いますが、2009年に起こったハドソン川にUSエアウェイズが不時着した時のことを当時のキャプテンの目線から描いた映画です。トム・ハンクス主演で、クリント・イーストウッド監督ですね。間違えない感じがプンプン

あまりこの事故について知らなかったので、初めて知ることのようにハラハラしながら見ることができました。クリント・イーストウッド特有の重さがそんなになくて、他の彼の映画と比べるとややライトに思感じました。飛行機の映画といえば、デンゼル・ワシントンの「フライト」というのも無茶な飛行で多くの人を救ったヒーローだったけど実はアル中のヤク中だったお話、めちゃめちゃ面白いです。飛行機の事故を起こすと、どんなに見事に人命を救ってヒーローと呼ばれるフライトをしても一応聴問会が開かれて、本当に不時着しかできなかったのか、他の方法はなかったのかという調査がされるんですね。

ネタバレではないと思うんですが、「スキューバ・コップ」と呼ばれるスキューバ専門の警察がちょろっと出ます。ものすごいフットワークで準備して、ヘリコプターからタンク背負ったまま川へ飛び降りるという荒技がほんの数秒描かれていました。スキューバをやったことがある人ならそれがいかにすごいことなのかわかると思います。船から背中向けてゴロンと海に入るだけでも怖いのに、ヘリから飛び降りてましたからね。そこに1番グッと来ました


リョウコ独断評価★★★☆☆

↑このページのトップヘ